再就職先の業種によって重宝される資格は様々

この記事をシェアする

持っていると自慢できる!ステキ資格

女性の事務職で、難関と言われているのが秘書検定1級です。
零細企業から大企業まで秘書を必要としている企業はたくさんありますが、1級は身のこなし、タイミング、話し方全てが評価対象なので、どんなに経験を積んでもな不合格になりことが多いと言われています。
この検定はVIPの方をお迎えする時、社長などのスケジュール管理や先方の好みなどソツなく対応することも要求されますので、合格したら「容姿端麗の才媛」と言われるステキ検定と言えるでしょう。
誰にでも挑戦できるのが、日本商工会議所主催簿記検定2級です。(通称日商簿記2級)
企業としても財務諸表や工業簿記である原価計算ができる人がいるだけでも、心強いようです。
少なくとも、日本経済新聞を読みこなせるだけの知識があれば日商簿記2級も取得可能かもしれません。
簿記は少なくとも帳簿上の基本用語と、計算方法を覚える必要がありますので集中的な勉強は必要になります。

企業が人材に持っていてほしい資格

大手転職企業が調査したところ、企業が再就職時に持っていてほしい資格の第1位は「日商簿記2級」です。
これは、目で見てその人の知識の「指標」として参考にするだけで、取得していなくても面接まではいく可能性は高いです。
履歴書に書いてくれるだけ、求める人材の資料程度と言われています。
決して「即戦力」の基準ではないそうです。
第2位で持っていてほしい資格は1級建築士です。
特殊な資格であり、実地経験が必要となりますので、建築設計系の仕事では売り手市場になりそうです。
第3位は「宅地建物取引主任者」(通称宅建)です。
実は、宅建を持っていて役に立つ業種は意外にあります。
金融関係、不動産関係、信託など不動産に絡む職業はたくさんあります。
こちらも専門分野で、覚える項目が多いため、取得には真剣に勉強に取り組む必要があります。
また、年齢に関係なく街の不動産屋で物件契約の際に資格があれば仕事ができます。