資格がない人でも、挑戦しやすい資格は?

この記事をシェアする

今から取得可能な無難な資格

子育てママに取得しやすい資格の代表格では、「医療系事務」があげられます。
「医療事務」はいままで事務の仕事をしていた方なら、そこに医療の知識を習得することで取得しやすくなります。
会計はATMで清算できますが、医療事務はいまでもマンパワーが必要な仕事です。
通信教育でも盛んに取得を促していますので、ぜひ挑戦してみる価値はあるでしょう。
需要が見込まれるのは「介護資格」です。介護経験者にぜひ挑戦してほしいホームヘルパー3級、さらに経験を積んで「介護福祉士」にステップアップすると幅が広がり、再就職に困りません。
まずは派遣登録してから、という人は「日商簿記」です。3級は、経理上のお金の流れ、使った費用がどの「勘定」として処理するのか
が分かるようになります。
2級はもっと自身を持って「取得しています」と言える、認知されている資格ですが、原価計算、連結決算の基本知識を学ぶ必要があります。

取得しやすくても簡単に合格できない

最近子育て経験者のステップアップとして、保育士の資格を持つ人が望まれています。
今は、認可保育園以外でも様々な場所で働くママのかわりに「一時預かり保育園」「企業内保育園」「子どもたちが集まる場所の対応ができる人」として、保育士は重宝されています。
通信教育で勉強して、実際の保育園へ研修にいくなど道のりは遠いですが、最短が売りの講義もあります。取得していても困らない資格です。
「心理カウンセラー」があります。
ストレスフルな時代、児童から高齢者まで心に闇を抱えた日本人でまん延しています。
企業内、児童相談、仕事の悩み、寂しいなどの心の不安に耳を傾け、凝り固まった心をほぐして安心し、心が少し手でも軽くなる手助けをします。
相手の心の叫びを読み取り、しっかり相手と話ができるだけの精神力が必要になりますので、肝が据わっていいて、精神面に強い人向けの資格です。